安全安心をお届けするために

HOME > 安全安心をお届けするために > 品質へのこだわり

  • 品質へのこだわり
  • 安全性への取り組み
  • 安全性試験

品質へのこだわり

  • 高品質な製品を安定してお届けするために
  • 「タヒボNFD」の高品質を維持し、皆様に安定してお届けするためには、良質な原料の確保がまず何よりも大事なことです。
    そのため、タヒボジャパンは原料の確保を現地の企業任せにはしません。ブラジル・サンパウロ市に支店を置き、駐在員を常駐させています。
    駐在員はブラジル国内やアマゾン川周辺の事情に精通し、薬用植物記念研究所(通称タヒボ研究所)のスタッフとも定期的に連絡を取り合い、高品質な原料の確保のため奔走しています。

  • タヒボジャパンはタヒボの厳選伐採を計画的に行っています。
  • 高品質の「タヒボNFD」をお届けするために、タヒボを乱伐して枯渇させないために、そして周辺住民の自然環境と生活環境を守るために、タヒボジャパンはタヒボの厳選伐採を計画的に行っています。
  • 伐採地、伐採木へのこだわり
  • タヒボジャパンは、「タヒボNFD」の原料木(タヒボ)の伐採地(南米アマゾン川流域の特定地域(※1))にこだわり、そこに自生する樹齢30年以上の成木だけを伐採対象としています。大変貴重な天然木だけに、そこからさらに高品質な原料を厳選することは決して容易なことではありません。
    (※1) 貴重な天然資源を乱伐・盗伐から守るため、生育地は公表しておりません。
    また、その生育地を特定地域と表現しています。

  • 有用成分「NFD」へのこだわり
  • 原木の伐採にあたっては、定期的に樹皮サンプルを採取して成分分析を行っています。その一番の理由は、タヒボが自生する「天然木」だからです。人間の手による栽培木と違って、大自然の中に自生するタヒボは含有される成分にも当然バラツキがあります。安定した品質を継続的に確保するためには、原木の成分分析はどうしても欠かせないのです。
  • 日本に到着したタヒボ原料チップは自社原料倉庫で大切に保管
  • ブラジルから日本への輸出にあたって、麻袋に入れられた内部樹皮チップは
    港近くの倉庫で6ヶ月間保管されますが、その間に品質分析(※2)を行い、その時点での品質を確認しています。
    (※2) 目視および顕微鏡での確認、純度、化学組成、有用成分計測、微生物の確認
    (ブラジル連邦共和国衛生監督庁品質ガイドラインRDC204-RDC210に準拠)

  • 日本に到着したタヒボ原料チップは自社原料倉庫で大切に保管
  • ブラジルから輸入された原料チップは、良好な保存状態を維持するために自動換気装置を備えた自社倉庫(※3)で大切に保管しています。
    (※3) 盗難リスクなどから守るため、自社原料倉庫所在地は一般には公表しておりません。
  • 完成商品の出荷はすべて自社工場から
  • 製造委託工場から納品された半製品は、タヒボジャパンの自社工場(※4)で最終チェックを行い、商品ごとのパッケージに包装しています。
    (※4) 自社工場は自社原料倉庫に併設しているため、所在地は一般には公表しておりません。

  • 製品の経路検索
  • お客様から信頼されるタヒボジャパンであるために、品質保証に向けた取り組みの一環として、製造された商品をロット番号で管理しています。製造原料ロット、製造時期、出荷時期、出荷先までの経路を辿って検索できる体制を整えています。
  • 品質へのこだわり
  • 安全性への取り組み
  • 安全性試験

「タヒボNFD」/「NFD」はタヒボジャパン㈱の登録商標です。(商標登録番号 第4662900号/第4227591号)Copyright (c) 2002-2013 by TAHEEBO JAPAN CO.,LTD. All Rights Reserved.